肌に自信が無いなら皮膚科に行ってみよう|解決策がある

  1. ホーム
  2. 皮膚科で処方をしてもらう

皮膚科で処方をしてもらう

女医

市販の薬は効果が出にくい

足水虫は、カビの一種の白癬菌による感染が原因で起こりますが、皮がめくれたり、水疱ができたり、強い痒みを伴うので、不快な症状に悩んでいる人が増えています。早期発見、治療を始めないと、家族とスリッパやバスマット、タオルなどを共用すると、感染させてしまう可能性があります。若い女性の場合は、皮膚科に通院をするのに抵抗を感じている人が多く、ドラッグストアや薬局で販売されている市販薬を購入している人が多い傾向があります。市販薬で効果が出る場合もありますが、皮膚科の医薬品とは違い、効き目が弱く、再発がしやすい傾向があります。商品によっては、アルコールが含まれている商品もあるので、皮膚の弱い人はかぶれる可能性もあります。なるべく早く完治させたい人は、皮膚科に通院をして、診察を受ける必要があります。顕微鏡検査や血液検査などで診断が付くことが多いです。症状に応じた外用薬を処方してくれるので、しばらくの間は根気よく続ける必要があります。足水虫の場合は、治癒するまでに2か月ぐらいの期間が必要になることが多く、医師の許可なく中断をするのは避けて下さい。医薬品は保険適用が受けられるので、経済的な負担を減らすことができます。爪水虫は、足水虫とは違い、痛みや痒みはほとんど感じませんが、外用薬は効果が出にくく、内服薬による治療が中心になります。爪の生えてくるスピードが遅いので、6か月ぐらいの治療期間が必要になることも多いです。皮膚科では、定期的に血液検査を行い、副作用の有無を調べてくれます。